新里猛「幻想世界」展 その1 油彩画

個展に出品された絵の中でまだご紹介していないものを
アップ致します。


  Takeru Niizato – exhibition “ Fantasy World ”

1  サーカスチルドレン
d0088611_0505376.jpg

サーカス小屋へ入って行く子ども達。
後ろから2番目の女の子は、チケットが見つからずに、しょんぼりして、今にも泣きそうです。
夕空の向こうにはキラキラと星が瞬いて、サーカス小屋の明かりが私達を誘います。
光と陰が印象的な一枚。



2  夢想世界へ入るまる子
d0088611_0512846.jpg

1で最初に入って行くまる子のアップです。
何が始まるのかワクワクする感覚は子供で無くっても、大人でも感じますよね。
サーカス小屋の中は、非日常的なので、夢の世界のようです。



3  夢想空間ドライブ
d0088611_0521939.jpg

この絵は、ピエロボーイの夢の中だから、ぼんやりした表現をしているそうです。
この光の先には何があるんでしょうね。
どこか、ジェットコースターに乗った時の緊張感と期待感と、、、
そんなものを感じる様なほんわかした色彩の絵です。
パステルカラーが優しい印象




4  グミキャンディの森で
d0088611_14086.jpg

この絵の主人公は、あの案内状の『ビリジアンの森』と、同一人物だそうです。
ほーーっと、唸りながら観て下さった人もあったでしょうか?
説明を聞いて成る程と思う絵も沢山なのですが、会場入り口が二手に分かれておりまして
左手から入って行くと、上のサーカスシリーズは絵本のように物語になっておりました。

こちらの絵は、不思議の部屋シリーズに収められております。
グミキャンディがなっている森って、、、お菓子の国を想像しちゃいます。



5 ビリジアンの森で
d0088611_113046.jpg

圧倒的に皆さんにご好評だった絵です。
額装にもこだわっていますよ〜〜。
ガラス越しに展示されておりましたけれど、、、、
私も、大好きな一枚です。

この絵には『何故??」がいっぱい詰まっているせいか
何度観ても、見飽きる事が無いですね。
この絵はすごい時間をかけて描いてあります。
この一年を通して、ずっと筆を加えてあるんです。

さてさて、、ビリジアン、、、
どこかの地名だと思った人は、、ブーーです。
実は、油絵の具の色の名前なんですね。うふふ。ばらしちゃいましたあ。
深い緑色です。

夜の闇は、蒼でもあり、黒でもあり、濃い緑でもあり、、、
月夜は蒼味がかって見えるのですけれど、、、

一度、夜空をじっくりご覧になってみて下さい。



今夜は冷えますね。
昨年の今頃は『オリオン座の流星群」がいっぱい見れたのですが
今年はどうでしょう?
星の瞬きが美しい季節になって行きます。
どこまでも空が澄んで、星が降って来る。
暖かいジャケットに身を包んで眺める星空。
日頃の悩み等ちっぽけだと思えるよ〜〜。

いろいろあるけれど
何とかなって行くものだと思う。

これまでも
そうしてこれからもね。

頑張りましょう。

さて、、
そろそろ、暖房の準備をしなくては、、、、
冬は夏の猛暑と反対に厳寒だとの噂もちらほら、、、
寒さに負けないように、睡眠と栄養
そして、手洗いにうがい
しっかりね。

季節の変わり目は体調を崩し易いので
ご自愛下さいませ。


ママ




       ******お知らせ*******

10月25日(月)〜27日(水)は都合でお休み致します。
誠に申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。
[PR]
by sankanjin | 2010-10-16 01:48 | 新里”たける”猛の作品

山閑人ママのつれづれ日記。岩の上に立つ手作りの喫茶店、山閑人。創設者である新里眞紗生の漢詩、木版画など店内に陳列しています。一緒に子供達の作品もご紹介。美味しい水で点てた珈琲と一緒にお楽しみ下さい。


by 山閑人ママ
プロフィールを見る
画像一覧