3の奇跡

gremz;エコバッグ



昨日は七夕でしたが生憎のお天気で曇り空。
織り姫と彦星の逢瀬は見れませんでしたけれど
雲の上のずっと向こうでは素敵なドラマが展開されているでしょう。^^


あじさいの花もそろそろ梅雨の終わりとともに終盤を迎えていますね。
今年は嬉しいお知らせです。
いつかの奇跡の紫陽花を覚えていらっしゃるでしょうか?
切り花にして、3ヶ月も咲いていた紫陽花の事です。
その花が終わってから挿し芽にしていたのですが、まる三年経って、今年初めて花を咲かせました♪


薄桃色の可愛い可憐な花が咲いて、もう本当に感激しました。
d0088611_083681.jpg



大切に、、大切に育てて来ました。
と言っても、声をかけてあげるだけなのですが、、(苦笑)
d0088611_09886.jpg

奇跡と言えば地球の事を思います。
太陽系第3惑星は地球です。
太陽に近い順に数えて3番目の惑星でもあります。
そうして、沢山のネットを通じた出会いの始まりの日でもあります。
プラス、私がブログを始めた日も3なんですね!!
先ほど気がついて驚いている所です。


3の奇跡はだからかしら?





いつだったか、北海道のえりっぺさんが教えて下さった詩




d0088611_0332727.jpg



「水の星」    茨木のりこ

宇宙の漆黒の闇のなかを
ひっそりまわる水の星
まわりには仲間もなく親戚もなく
まるで孤独な星なんだ

生れてこのかた
なにに一番驚いたかと言えば
水一滴もこぼさずに廻る地球を
外からパチリと写した一枚の写真

こういうところに棲んでいましたか
これを見なかった昔のひとは
線引きできるほどの意識の差が出る筈なのに
みんなわりあいぼんやりとしている

太陽からの距離がほどほどで
それで水がたっぷりと渦まくのであるらしい
中は火の玉だっていうのに
ありえない不思議  蒼い星

すさまじい洪水の記憶がのこり
ノアの箱舟の伝説が生まれたのだろうけれど
善良な者たちだけが選ばれて積まれた船に
子子孫のちたらくを見れば  この言い伝えもいたって怪しい

軌道を逸れることもなく  いまだ死の星にもならず
いのちの豊饒を抱えながら
どこかさびしげな  水の星
極小の一分子でもある人間が  ゆえなくさびしいのもあたりまえで

あたりまえすぎることは言わないほうがいいのでしょう


==================================================



悠々自適なのは、生き物達。
d0088611_094774.jpg

雨ふりのさなか、しっかりと葉っぱに掴まっていたてんとう虫君。
明日は晴れたらいいねっ☆


先日の大雨には、山閑人の玄関先も川のように流れておりましたが
とらねこはどっしりと構えておりました。^^
d0088611_0101065.jpg



自然の営みは吹かれる柳のように、吹く風に逆らわず順応して行きます。


私たちもずっと続く命のバトンタッチの中で、次の世代に手渡せるものが
素晴らしいものでありますように。
自然との共生を目指していきたいものですね。

生きる事は創造でありたいです。
昔ながらのいい事や知恵は、模倣したいものです。
生活とは、命(生)を活かす事。
日々の営みを淡々とではあっても丁寧に生きて行きたいと願っています。


今日一日が素敵な時間でありますように。^^



暑くなりましたね。ご自愛下さい。
ママ016.gif

d0088611_1353042.jpg

グリーンカレーを始めました!!
辛くないグリーンカレー??
んーーー。でも人気だったりして^^;
夏はカレー!!ホットにね。

冷たいチャイとセットでどうぞ!!










優しい気持ちになりました。
もう、あれから、20年も経つのですね。
d0088611_1312547.jpg

[PR]
by sankanjin | 2011-07-09 01:42 | ママの日記

山閑人ママのつれづれ日記。岩の上に立つ手作りの喫茶店、山閑人。創設者である新里眞紗生の漢詩、木版画など店内に陳列しています。一緒に子供達の作品もご紹介。美味しい水で点てた珈琲と一緒にお楽しみ下さい。


by 山閑人ママ
プロフィールを見る
画像一覧