相思華 「花は葉を思い、葉は花を思う」

gremz;ゴミ分別

本日、11日夜にmoreに写真を追加しました。

もう咲き終わってしまったのだけれど、
先日写した分があるのでアップしておこうと思います。
お庭の彼岸花^^

d0088611_0492024.jpg



・花のあとで葉が伸びてくるが、冬と春を越して 夏近くなると全く消えてしまう(不思議♪)。
花と葉を同時に見ることはできない。
葉のあるときには花はなく、花のときには葉がない。 このことから
韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ぶ。 「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味から。

・別名 「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)。 ”天上の花”という意味。
おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天から ふってくるという仏教の経典による。


・「路(みち)の辺(へ)の 壱師(いちし)の花の 灼(いちしろ)く 人皆知りぬ わが恋ふる妻」
万葉集 柿本人麿(かきのもとひとまろ)

          (壱師の花=彼岸花、といわれる)    季節の花300より



d0088611_0583159.jpg

ちょっと暗かったです^^;





陽が落ちて玄関先のミミズクも「ほう、、」と羽を休めているような、、
d0088611_0594193.jpg




秋も深まって来ましたね。
最近はケーキセット等のスイーツ系がよくオーダーに上がるようになりました。
秋ですねえ♪
天高く馬肥ゆる秋、、、

新米が食卓にも。

日本人で良かったと思える程
ただそれだけでご馳走ですよね。

昔は一粒のご飯粒も残さないように食べました。
一粒のご飯粒は、お百姓さんのひと汗だと、、、

苦労して営農していた時代でしたから。

今も米を作る苦労をお聞きします。
機械化が進んで便利になったとは言え
自然を相手の農作業です。
この猛暑のなかの草取りも大変だったでしょう。
水害に倒れた稲もあったでしょう。

だからこその、新米を戴ける、、ご馳走なんですね。


この炊きたてのご飯に「旅をする木」小野寺さんちの自然卵を乗っけて食べるのも贅沢なひととき。
(今日は家族でそれを戴きました)ラッキー!!←偏にキミちゃん、ありがとね。
次回、小野寺さんち、行きたいなあって思います。






山閑人では、その贅沢な自然卵でミルクセーキを作ります。
レモンイエローの黄身は
d0088611_1154164.jpg

淡雪のような優しい味と色です。

ミルクセーキは食べるものですか?
飲むものですか?ってラントマンさんが質問されてましたけれど
私的には、シェイクで出て来ないミルクセーキなんて!!
ミルクセーキじゃないって思ってますので、ジュース状態だとがっかりしてしまいます。
それにお砂糖だけで甘みを付けたのもがっかりしてしまいます。
皆さんは如何でしょう?


寒い日に暖房の効いた店内で
キンキンに冷たいのを戴くのも至福の時かな♪

明日は体育の日=運動会シーズンですね。
私は走るのが苦手でもっぱら応援団の方ですが、得意な方が羨ましいです。
秋空のもと、頑張って下さい。


空の雲も鰯雲に変わりました。
寒くなって空気が澄んで来ると
空も綺麗ですね。

夜空も素敵です。

上を眺める事が増えて来て
秋ですね♪

ママ016.gif
















my桜の下で初めて出逢った白い曼珠沙華
d0088611_1133186.jpg

工事中でばっさりと切られた痕が痛々しかった。





赤い花の中に一株だけ咲いていました。
d0088611_116389.jpg

離れた場所にはピンク色に近い花もあって
これは交配で出来るのかな?って一緒に当番だった人と話した事でした。






ちょうど、ここにあげは蝶^^
d0088611_1264897.jpg







ほんと、、haruさんのブログにもあったように
空を入れたいと思えばヨガ^^;
生憎の曇り空で。。
右側の木が邪魔でしたけれど、右にも左にも寄れず
この位置でしか写せませんでしたので(泣
d0088611_1183913.jpg








稲刈が済んだ田んぼのあぜ道には彼岸花。
もう時期を過ぎているので、花色がくすんでいます。
d0088611_120231.jpg







吾が家の庭にも植えた覚えが無いのに毎年あちこちに出現します。
どうやって、増えるんだろうかと不思議。

神様のプレゼントかな♪

小鳥さんのプレゼントだと
お隣のおばあちゃんが言ってましたっけ。
水仙だとか、球根を落として行くそうなんです♪

うふふ。
愉しいね。
[PR]
by sankanjin | 2011-10-10 01:43 | ママの日記

山閑人ママのつれづれ日記。岩の上に立つ手作りの喫茶店、山閑人。創設者である新里眞紗生の漢詩、木版画など店内に陳列しています。一緒に子供達の作品もご紹介。美味しい水で点てた珈琲と一緒にお楽しみ下さい。


by 山閑人ママ
プロフィールを見る
画像一覧