カテゴリ:ママの日記( 615 )

時の流れ

d0088611_23222528.jpg

 カウンター正面にある
 このだるま時計は
 アメリカの古い時計です。
 もう、150年もの長い間
 時を刻み続けている。

 長い歴史を超えて、、

 ここに家が立ち
 子供が産まれ
 やがて
 店を始めた事も
 お客様の笑顔も涙も
 25年間もの間
 山閑人の
 全てを見て来た。

 時は流れ行くけれど
 止まる事を知らないけれど
 歴史の一ページには
 どんな風に記されているんでしょう。
 
 この時計に感情があるとすれば
 どんな風に
 語りかけてくれるのでしょう、、
 見て来た事を。


 ぼーん、ぼーん、ぼーん。。。。。。。
 耳を澄ませて聞いてみて下さい。
 まもなく,12時です。
 12回の声がするでしょう。。。。。



d0088611_2328744.jpg


この日記帳は、ナンバーを数え始めて20冊目です。
知る人ぞ知る?(玄関のオルガンの上にあります)
お客様それぞれの想いを、綴って頂いています。

「20年前の私の日記があったんです。
 その時の自分に出会えて嬉しかった、
 時間は戻らないけれど
 戻って見れて、嬉しかった」

そんなお客様もいらっしゃいました。
当時、凄く悩んでたんだよね。
思いのたけを日記に書いて、、、
書く事で、考えを整理して又歩き始める事も、、、ある。

これは、、スコットランドからのお客様。
いつか、また.ここに来る機会があれば
懐かしい思いで、振り返って下さるでしょうか?

時の流れに
ふっと,立ち止まる時に。。。。。。                 ママ
[PR]
by sankanjin | 2007-03-11 23:39 | ママの日記

可愛い花は??「繁縷」

d0088611_0202919.jpg

覚えているかしら?
ずっと以前の日記に「みずみずしい草もステキ!」って
掲載したんです。(幸せの隠し味2006-11-26)
雨に濡れた草がそれはそれは綺麗でした。

春になって、
その草に花が咲きました。
とっても、可愛いの。
とっても、可憐で。
とっても、とっても、、、、、♪(* ̄∇ ̄*)なの。
5枚の花びらがハートみたいに見える
優しい形、、、星のようでもありますね。

どこにでもあって
いつも、側にある。
なのに、足留めて視てくれる人もない。

じっと、視ると、野の花も
ほら、こんなに素敵でしょ?

どうぞ、写真をクリックして
拡大して見つめてあげて下さいね。(^_^)/

d0088611_0204815.jpg


・撫子(なでしこ)科。
・学名 Stellaria media
Stellaria : ハコベ属
media : 中間の Stellaria(ステラリア)は、
  ラテン語「stella(星)」が語源。 花の形が星形をしていることから。
・春の七草の一つ。
・春、道ばたでよく見かける。
・すごく小さく白い5弁花。
・春の七草では「はこべら」、
・昔の「はびこりめむら(蔓延芽叢)」が変化して
「はこべら」になったという説がある。
また、茎がよくはびこり、種が落ちるとその年の
うちに芽が出て繁茂することからともいわれる。
・漢字の「繁縷」は漢名。
茎の中に目立つ筋(縷(る))があることから。


・島崎藤村の「小諸なる古城のほとり」
には繁縷が登場する。
「小諸なる古城のほとり
雲白く遊子悲しむ
緑なす繁縷は萌えず
若草も藉(し)くによしなし」
・別名 「朝しらげ」(「日出草」とも書く)
朝日が当たると花が開くことから”朝開け”
それが変化して”朝しらげ”。
・「カナリヤの 餌に束ねたる はこべかな」
(正岡子規)

************************************

春の七草のひとつ
はこべ
だったんですね。 
     
山閑人に来て、ぐるっと、庭を歩いてみると
沢山の木々や草花に出会うと思います。
虫達や小鳥、わんこもいるけれど
それぞれに、楽しい発見がいっぱいです。
春ともなれば、つくしも顔を見せますし
山野草も探せばいろいろ、、、、です。
今は、春先に咲く花達が新芽を伸ばして
緑の頭を覗かせています。
今年もようこそ!!
そんな思いでいっぱいになります。
忘れずに咲いてくれる事。
ありがたいですねヽ(゚∀゚ヽ)  
    
d0088611_145533.jpg

美味しい炭焼き珈琲と
ちょっと変わった紅茶が入荷中ですよ〜
お茶しに来ませんか?
いい季節になりました。    ママ
[PR]
by sankanjin | 2007-02-27 00:38 | ママの日記

ぽっかりと空いた時間に。

d0088611_1762777.jpg

店内はこんな風に、ほんわか、、、


d0088611_1764998.jpg

テーブルに座ってみるとこんな目線、、、


d0088611_1782087.jpg

ああ、でっかいなあ。
「がばい、ふとか。川古の大楠」
三千年の大楠はまだまだこれからも
歴史を観て行くんでしょう。

山閑人からすぐそこにあります、
全国で三番目に大きい楠です。
ぜひ,逢いに来て下さいね。

のんびりと
ゆったりと
両手をひろげて
迎えてくれる事でしょう。

些細な事なんてなんでもないさ!
そう、、、語りかけてくれそうな気がします.          ママ

(画像はクリックすると拡大出来ます)
[PR]
by sankanjin | 2007-02-25 17:50 | ママの日記

椿

d0088611_1762974.jpg

椿の花が好きです、
落花
それもまた風情がある,,,

「うしろすがたのしぐれてゆくか. 笠へぽつとり椿だった」
  風景は風光とならなければならない。音が声となり、かたちがす
  がたとなり、にほひがかをりとなり、色が光となるやうに。
  私は雑草的存在に過ぎないけれどそれで満ち足りてゐる。
  雑草は雑草として、生え伸び咲き実り、
  そして枯れてしまへばそれでよろしいのである。(山頭火)

私も雑草のように逞しく
野の花のように可憐に
ひっそりと生きていきたい

雑草も、野の花も
どこかで、誰かが愛でてくれれば
それはそれで、幸せな生だと
思う。

だから、ふと、足留めて
見つめて行きたいものですね。

私も、私らしくありたいと
それだけを切実に、想います。




d0088611_1774994.jpg

裏庭にある「寒椿」
高さが5メートルもある所にしか、花が咲いていないので
手が届かないのだけれど、、、


d0088611_1795592.jpg

     ( いちりん挿の椿いちりん、、、、、山頭火)

なんとか
花一輪

温かい、、、、
一日に

花一輪のあたたかさに
こゝろ厚くなります


               ママ

(写真は、クリックすると少し大きく見る事が出来ます)
[PR]
by sankanjin | 2007-02-21 17:16 | ママの日記

息吹,,,,,春

d0088611_16145241.jpg

春になると
たくさんのいのち生まれる
花のいのちは短くても
こうして、又、咲かせてくれる。
新緑もまた。。。。。
山川草木、、ひかり輝きます。

d0088611_16165080.jpg

このベゴニアの花も
10年以上こうしてここに
花を見せてくれてる、、、
時々忘れちゃってごめんね,,って思うくらいに
ひっそりと
けなげに
咲いてくれる、、、、

d0088611_1638615.jpg

私も、ひっそり窓辺に佇んでる
気がついてくれる人がいるかしら?

  *****************************

それでも、
春は訪れ、季節は巡り
時間は過ぎて行く

「あ、待って,,ちょっと待って下さい。
 もう少しゆっくりと歩きたいんです。
 生き急がないで,,傍らにあるものに
 目を向けて欲しい、、、」

そんなふうに
春の風や息吹と言うものは
ささやいている気がします。

足元に目を向ければ
聞こえてこないでしょうか?


d0088611_16262115.jpg

春の息吹、、そこまで!!                   ママ
[PR]
by sankanjin | 2007-02-19 16:39 | ママの日記

はるの風にのって

d0088611_919743.jpg

                    黄色のフリージア
                    かすかなグラデーションの色の行方に
                    ほんの少しの驚きと感動。
                    流れるような曲線に
                    花が一つずつ順番に
                    ほころんでいく

d0088611_9192686.jpg

                    可愛い水仙の花
                    ちょこんと首を傾げ
                    恥ずかし気な風情が
                    少女の様で,,好き

d0088611_9195063.jpg


                    ほんのり優しい香りが
                    はるの風にのってきて
                    そこだけが
                    日だまりのように
                    温かい


                    優しい花達のうたが
                    聞こえて来ます。
                    そっと、そっと
                    聞いてみて下さい。
                                  

                    もうすぐ、はるがやってきます。
                                   ママ


**************************************

       そうそう、、、「フリージアの花言葉」知ってましたか?

       色によって違うんですね。
       白はあどけなさ、
       黄は無邪気、
       赤は純潔、
       紫はあこがれ、
       淡紫は感受性を表すそうです。(^_^)/

      (写真はクリックすると拡大出来るんです.じっくり見て下さいね。)
[PR]
by sankanjin | 2007-02-10 09:31 | ママの日記

ランプ

d0088611_0112890.jpg

カウンターのアンティクランプ、
オレンジ色の灯りは温かい
遠い昔の記憶を呼び起こしてくれそうなひかり。

d0088611_0115444.jpg

天井にあるこのランプは、
イタリア製。
柔らかな形と色。
陽気な国の灯りは太陽の色に似て。

d0088611_0144118.jpg

この手作りのランプは、
昔、糸巻きだったと言う
柔らかな風合いは木や麻で出来ているせいかしら?


それぞれに、個性的なランプ。
ただ,どれもみな、オレンジ色の温かい色は
心優しい色で、ほっとする。
見ているだけで
暖かい気持ちになる。


d0088611_0303993.jpg

静かな流れる時間と,過ぎ去る時間の合間で
時が止まる。
ずっと、止まったかのような時間の中で
私が、、わたしになる。

ふと,思い出す事の,大切さや切なさ、なつかしさ
諸々の事を,一瞬に封じ込めて

そうして、、、、ひかりに解けるのです。            ママ

d0088611_0452930.jpg

[PR]
by sankanjin | 2007-01-31 00:33 | ママの日記

サラサ

d0088611_1281031.jpg

インド更紗の布です
花鳥風月、象やラクダ、鳥
様々な自然を染め抜いた布が好きです。

木綿の
土の香りのする
温かい風合いも
手触りも
素朴な感じで好きです。

お日様の匂いと
草木や泥、自然で染められたものの中から
伝わって来るもの
いのち、、、そのものですね。

山閑人のカーテンは同じインド更紗
かなり,くたびれてきましたが、、、
開店当時は,象の絵が入った赤い更紗のカーテンでした、
妙に,似合ってて,好きでした


d0088611_2101881.jpg

インドのどこかで染められた風景を思い出すと
ノスタルジックになります。
[PR]
by sankanjin | 2007-01-26 01:44 | ママの日記

あかしろきいろ、、、?

d0088611_23122221.jpg

赤い色は元気が出るからいいなあ。
ほわほわとした綿毛のような花。。。


d0088611_231710100.jpg

白い花は清楚で、、楚々とした雰囲気

d0088611_23181415.jpg

ビタミンカラーのこの花も捨てがたい
おっと、、これは漢方薬にもなるんでした。



あかしろきいろ,,,と来たら
春でもおなじみの「ちゅうりっぷ」のうたですが、、、、
まだまだ,冬眠中です。

このところ、暖冬で、一足早い、
梅の開花がニュースで流れておりましたね。
一番寒い季節に、凛と咲く姿が好きです。
ほのかな香りも素敵で。

花が綻ぶと嬉しいのは、春生まれだからでしょうか?
春が待ち遠しいのです。

(季節感の無い写真でごめんなさい)ママ
[PR]
by sankanjin | 2007-01-19 23:29 | ママの日記

手紙

d0088611_2461777.jpg

近頃は葉書や手紙を書く事も少なくなりましたね。
ITが普及して、世界の裏側が一瞬に分かる便利な時代になり、手紙も
メールで事すむようになりました。

山閑人の店内で、たまに、手紙を書いてる人を見ると「おっ!」と
嬉しくなってしまいます。
時間がかかって届く想いも捨てがたいと思うのです。

遠い昔、、、、、
私がまだ、中高生の頃は「文通」が流行ってて、「ペンフレンド」がいました。
それこそ、一週間ごとに、便せん10枚ものの手紙が、お互いの間を行き来してました

何をそんなに書く事があったんだろう?と、今となっては不思議な気がします。
とりとめのないこと、哲学、人生について、好きな人の事、生きる事の意味。
そんな事、沢山、語ってきました。


当時。「節ちゃん」と呼んでた彼女は。先生に恋をしてて、真剣に悩んでて、、
「桜草」という詩に託した思いは忘れられない。
私のほうの先生に、相談したら、こともなげに「憧れだね。恋に恋してるだけだよ」
って。当時は「そんな事ありませーーーん。先生に恋しちゃいけないんですか?」
なんて、くってかかってましたが、、、
今はよくわかります。恋に対する「あこがれ」だったという事が。

そんな彼女も、卒業とともに、大人の恋をして。私より先に、急に大人になっちゃって
遠い人になってしまった。

元気でいるんだろうか?
今も幸せに、千葉で暮らしているんだろうか?
手紙でも出してみようかと思った、、、、そんな1日です。

長い想いは、長い時間かけて届く事が嬉しい事もある。

d0088611_1161495.jpg

節ちゃん。お元気ですか?
長野から千葉に嫁いで、早、30年近くになりますね。
当時の私達がここにいる気がします。
あなたのポエムに、私の絵を添えた詩集を作りたい夢も、
いつか絶対逢おうねという夢も叶わずにいるけれど、
叶えたいね。
元気でいれたらきっと逢えるよって、、、

そう、、、、
近いうちにお手紙届くかしら?
30年分の想いは届くかしら、、、
あの日、あなたが抱えてた「桜草」が満開です。   ママ
[PR]
by sankanjin | 2007-01-12 01:04 | ママの日記

山閑人ママのつれづれ日記。岩の上に立つ手作りの喫茶店、山閑人。創設者である新里眞紗生の漢詩、木版画など店内に陳列しています。一緒に子供達の作品もご紹介。美味しい水で点てた珈琲と一緒にお楽しみ下さい。


by 山閑人ママ
プロフィールを見る
画像一覧