<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

花降る日

gremz;京都議定書


先日は馬場の一本桜の後に
円応寺の桜も見てきましたよ。

円応寺についてはこちら




まだまだ綺麗な桜の花が満開を過ぎて咲いていましたが
鳥が止まったり、風が吹いたりすると
花びらが舞い落ちてきます。

d0088611_1927854.jpg




花吹雪、はなふぶき。
子供達はその手につかもうと駆け回っていて
長閑な微笑ましい光景でした。
d0088611_19331037.jpg





有名なアーチ型の石門から
d0088611_19384854.jpg





お地蔵様
優しいお顔です。^^
d0088611_19421270.jpg




眼を下に向けると
お地蔵様の前にも花吹雪
d0088611_2131636.jpg





あちらこちらにほんのりと明かりが灯った様に桜色。
d0088611_19433812.jpg






そうして新しい息吹が、、、
d0088611_1946486.jpg




タイミング良く毎年見れる訳ではないけれど
久しぶりに訪ねると
心洗われる気がする。





日本では桜の花の華やかさと散りゆく潔さは、
『優美』や『精神の美』という花言葉で表しています。
しかし国が変わってフランスでは、桜のはかなさやせつなさから
『Ne m’oubliez pas(私を忘れないで)』という花言葉で表しています。
ロマンティックな花言葉ですよね。


桜が咲く季節は出逢いや別れ
そして、旅立ち(出発)ですね。
悲喜こもごもですが
いい出逢いが待っていますように。*^^*


そして、それぞれの場所で
頑張りたいものですね。


016.gif060.gif



以前の記事『円応寺』

More桜
by sankanjin | 2016-04-10 21:26 | ママの日記

さくらさくらさくさくらちるさくら

gremz;エコバッグ
こんにちは。
皆様、お元気でしょうか?

長い時間ご無沙汰しておりました。
なかなか写真を撮れずにいたのですが
先日の定休日に小さなカメラを持って
『馬場の一本桜』に会いに行って参りました。

山閑人を右に出て、若木郵便局を左に黒牟田方面に。
世界一の飛龍窯を目印に道を進んで行くと馬場に出ます。
分かりやすいのはこちら
桜を目一杯楽しめるコース
円応寺から赤穂山トンネルを抜けて八天桜、真っすぐに馬場へ。
どちらものどかな田舎の風景が続く所です。


さて、馬場の山桜
いつも咲く時期が微妙に変わってタイミングが合わなかったのですが
地元の桜守りの方が毎日開花状況をアップして下さるおかげで
満開を過ぎて散り初めでしたが、今年も包み込むような桜に会えて嬉しかったです。


d0088611_1216251.jpg

たまたまの偶然で絵になるようなカップルがそこにいて下さっていて
桜が喜んでいるような温かいロマンティックな一枚です。(自画自賛^^;
撮影している時は桜しか目に入っていませんでしたので
本当にラッキー!
このような一枚が撮れるとがぜん写欲が湧いてくるのだから現金なものですね。




今朝からの春の嵐でほぼ散ったのではないかしら?
でも、この雨で新緑も生き生きとなって、目の前に広がる菜の花畑と、
遠くに重なる山々がノスタルジックで
また違った味わいがあって良いものだと思いますね。



そうそう、桜の側で長い事立っていらっしゃるカメラマンさんがいらっしゃったのですが、
どんな風景を切り取られたのだろうかと興味津々です。

人それぞれに
会いに行く桜がある
今年も会えた
安堵感があるよね。

さくらさくら
さくさくら
ちるさくら




d0088611_12365518.jpg




以前の記事はこちら
by sankanjin | 2016-04-07 12:43 | ママの日記

山閑人ママのつれづれ日記。岩の上に立つ手作りの喫茶店、山閑人。創設者である新里眞紗生の漢詩、木版画など店内に陳列しています。一緒に子供達の作品もご紹介。美味しい水で点てた珈琲と一緒にお楽しみ下さい。


by 山閑人ママ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る